健康睡眠プロジェクト

話題の「睡眠負債」にも注意喚起! 経験者が現役受験生に
伝えたいコトとは!?

第2回

眠りを制するものは、受験を制する!?
直前だからこそ重要視したい睡眠の時間と質。
勉強合間の息抜き。受験経験者のイチオシは、音楽を聴くこと。本番直前、一番効果的な勉強法は、苦手問題の克服だった。

機能性寝具を企画・製造・販売するライズTOKYO株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:宮崎誠司)が展開するブランド「RISE(ライズ)」は、入試本番を目前に控えた受験生をサポートすべく、全国の受験経験者400名を対象に、受験に関する調査を実施いたしました。以下、その結果をお知らせいたします。

受験直前、一番効果的だった 息抜き法は?

続きを読む

勉強の合間の息抜き。
経験者のイチオシは音楽を聴くこと。

受験に一番効果的だった生活習慣として、睡眠に関わることと並んで、回答の上位に挙がった「勉強の合間の適度な息抜き」。
では、経験者たちは、具体的にどのようなことを実践していたのでしょう。

調査の結果、「音楽を聴く」ことが、次に多かった回答「昼寝をする」を大きく引き離すポイントを集めました。
先輩たちの多くは、リラックスや気分転換に、音楽を上手く活用していたようです。

※調査対象者は、「受験直前の生活習慣で受験に効果的だったことは?」の問いに対して、MAで「勉強の合間に適度に息抜きをする」を選択したすべての受験経験者

受験直前の生活習慣で受験に一番効果的だったことは?(SA)N=147

※上位の回答を多い順に抜粋

受験直前、一番効果的だった 勉強法は?

続きを読む

一番効果的なのは、苦手問題の克服だった!?
気になる本番直前の勉強法。

受験シーズンもまさに真っ只中。そこで、本番直前の勉強法について、一番効果的だったことは何かを経験者たちに聞いてみました。

その結果、最も多かったのは「苦手問題の克服」で、全体のおよそ3割の人が回答。なお、そのほかに多かったのは、「志望校の過去問題の克服」「得意問題の復習」といった回答でした。

現役受験生が、いま最も気になっているであろう本番直前に一番効果的な勉強法は何か、という問題ですが、今回の調査では、「得意問題の復習」より「苦手問題の克服」の方に経験者の声が多く集まる結果となりました。

受験直前、一番効果的だった勉強法は?(SA)N=400

受験直前、ゲン担ぎは気にした?気にしたのはどんなこと?

続きを読む

ゲン担ぎ、気にする派?
気にしない派?

この時期、何かと話題にのぼるゲン担ぎ。
ところで、受験生本人たちは、実際にはゲン担ぎを気にしているのでしょうか。今回の調査では、「気にした」「気にしなかった」と答えた人の割合は、ぴったり五分と五分。

ちなみに、「気にした」と答えた人が具体的にどんなことを気にしていたのかを聞いたところ、最も多かった回答は、「合格祈願のお守りを身につけるようにした」でした。
また、そのあとには、「『受かる』『落ちない』などの縁起のよい言葉を使ったり、関連するものを持つようにした」「『落ちる』などの縁起の悪い言葉は使わなかったり、関連するものは持たないようにした」「『カツ丼』など語呂の良い食べ物を食べるようにした」などの回答が続きました。

毎年、様々なゲン担ぎに関する情報が世間を賑わしますが、今シーズンは、どんなゲン担ぎが、受験生に支持されるのでしょうか。

受験直前、ゲン担ぎは気にした?(SA)N=400

※上位の回答を多い順に抜粋

■調査概要

調査対象:
全国の18〜23歳の男女400名(男性:146名、女性:254名 / 第一志望校合格者:200名、第一志望校不合格者:200名)
調査方法:
インターネットによるアンケート調査
調査時期:
2017年11月

全国の受験生に向けた
応援動画!!
2017年12月15日(金)よりWEBにて公開中!!

今回の調査では、半数の受験経験者が気にしたと答えた「ゲン担ぎ」。
また、勉強中の息抜きとして「音楽」を聴くことが効果的だったと答えた受験経験者が多かったこともわかりました。

そのようななか、受験生のゲン担ぎにぴったりな「起きる」「昇る」という意味のブランドネームを持つ「RISE(ライズ)」は、入試本番直前の受験生を応援すべく、12月15日(金)よりオリジナル動画をWEB上で公開しました。
楽曲を手がけたのは、即興作曲でいま話題のアーティスト 虹色侍。これまで数々の著名人の応援ソングを作ってきた虹色侍ですが、今回公開したのは、彼ら初となる、受験生への応援ソングです。 ぜひご注目ください。

PROFILE虹色侍

ずまとロットの二人で構成されたアーティスト。 与えられたお題から、5秒で即興作曲することが得意。 絶対音感を持つずまと相対音感を持つロットの2人でもとから準備していたのでは?と 思わせるようなクオリティーで、2人の息をぴったり合わせて曲を作り上げることが出来る。 楽曲には、著名人への応援ソングも多く、著名人本人からコメントをもらうこともしばしば。最近ではテレビやラジオをはじめ、様々なメディアで活動。今後の活躍がますます期待されている。